<< 真夏に燃える男たち 〜7.27 ZERO1-MAX後楽園観戦記〜 | main | ゼロ年代の想像力 >>

スポンサーサイト

  • 2009.02.19 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ウルトラバイオレンスな輸入DVDを買う

このところ国内プロレスになんとなしにマンネリ感を感じてきて2ちゃんねるの某スレを見ていたら猛烈にCZWの試合が見たくなり、フリーバーズ(http://www.freebirds-shop.com/)経由で輸入DVDを初購入した。

それがこちら。


トーナメント・オブ・デス、略してTOD、の第三回大会。
前述の某スレで「一番過激」というので買ってみた。

輸入DVD(正確にはDVD-R)なので字幕はない。
気合だけで英語をヒアリングするが、やっぱ一部しかわからん。
もし違ってたらご勘弁。

試合前の会場で観客に「優勝予想」を聞いて回るアナウンサー。
ニック・ゲージ、ネクロ・ブッチャーなどの名前を挙げる客が多かったが、たまたまポップコーンを持って歩いていた高校生ぐらいのデブちゃんを指して「He!」とかいう客。「?」という顔をして過ぎ去っていくデブちゃん。そして「He? Who's him!?」とわめくアナウンサー。アホばっかだ。

会場が、明らかにアメリカ郊外の原っぱ。そして真昼間。温かくて気持ちよさそう。
とても「死のトーナメント」というには不釣合いなシチュエーションだが、観客は出来上がっている。
選手がハードな攻撃を仕掛ければ(食らえば)観客みんなで「Holy Shit!」、技を失敗すれば「You fuck up(と聞こえる)」。
面白いなあ。
こういうの日本にないもんなあ。
日本人はみんなで「ヘッ・タ・クソ!」とか「超・すごい!」とか言わないもんなあ。

試合自体は思ったほど印象に残らなかった。
ネクロ・ブッチャーはいいなあ、ぐらい。
ところどころ、たとえば最後の決勝戦のフィニッシュとか「うっわ、ムチャするなあ」というポイントは何箇所かあったが。
ガラスや有刺鉄線で切り裂かれた選手の生傷をアップで撮るカメラマンのセンスがエグい。

むしろ一番印象に残ったのは、ボーナストラックとして収録されたトーナメントとは無関係のザンディグvsニック・ゲージ戦のカオスっぷりだった。
トーナメント本戦と違い、いったい何回ダビングしたんだ?っていう粗悪な映像の中でザンディグがリングを燃やす映像から試合はスタートする。
リングのマットを取り外し、敷き詰めた木の板にガソリン?を注ぎ火をつけるザンディグ。
これが屋内の会場である。
後ろに「CZW」の看板が見えるので、ひょっとしたらここが元ECWアリーナだったというフィラデルフィアのCZWアリーナなのかもしれない。
にしても屋内でこんなことをしたら日本では消防署が今後絶対興行をさせないと思うのだが、とにかく狭いアリーナの中でリングを燃やすザンディグ。
ゲージは仲間らしきレスラーを伴い入ってくるが、さすがに簡単にリングに入れない。
そうこうしているうちに木は燃えづらいのか、火は徐々に鎮火していき種火ぐらいになったところでゲージがリングに上がり試合はスタート。
さほどテンションの高くない攻防が続き、やがて場外戦になり、会場を壊しながら両者がハードコアな攻防を繰り広げていくうちにまずゲージ陣営がザンディグに手を出し、それをザンディグの盟友ロボともう一人が救出、そうこうしているうちにいつの間にか反則だかノーコンテストの裁定が下ったらしく、唐突に試合は終了。

なんだデスマッチのフィニッシュがこれじゃあっけねーなー、と思ってると会場の観客の鬱憤は当然こちら以上で何だか不穏な雰囲気。
すると画面右脇から無人のリングに何か飛んできた。
イスだった。
観客の誰かがパイプイスをリングに投げ入れたのだ。
すると反対側からもイスが飛んできた。
そして、イス投げが始まった。
四方の観客が次々にリングに会場のパイプイスを投げ入れる。
リング上にはどんどんイスが積み重なっていき、リングがイスで埋め尽くされていく。
薄暗い狭い会場の中で降り注ぐイスの雨。
客出しの曲なのか、BGMはオフスプリングの「The Kids Are’nt Alright」。

この映像はカオスの極みだった。
イメージとしてはかつての蔵前の暴動の小規模版といったところなんだろうけど。
「The Kids Are’nt Alright」はZERO1の崔領二のテーマ曲なんだけど、今後頭に浮かべるのはこの映像だろうなあ。
日本人とアメリカ人の国民性の違いをいろいろ感じたDVDだった。


※参考までにこの道の達人である道頓堀次郎さんのレビューをリンク。

http://homepage3.nifty.com/doutonbori2raw/page034.html

スポンサーサイト

  • 2009.02.19 Thursday
  • -
  • 22:57
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM